査定に出しておく|住みたい物件は不動産屋が探してくれる|物件売買を円滑に行なう会社
男の人

住みたい物件は不動産屋が探してくれる|物件売買を円滑に行なう会社

査定に出しておく

模型

マンション売却の注意点

マンションを売却する場合、マンションの売主としては、できるだけ高く売ろうとするのが普通です。マンションの売り主も、そのローンがある場合にローンを返済しなければならないからです。 ただし、売却の際に注意をしなければならないのは、高値をつければつけるほど、売却には時間がかかってしまうことです。 売主としても、ローンを返さなければならないという制限がありますが、その反面買主もできるだけ安くマンションを購入したいと思いがあるのです。 もし、売主がマンションをできるだけ短期で売却をしたければ、その売却価格を下げることが大事になります。 売却価格を高く設定した場合、時間がかかってしまうため管理費等の負担も考えなくてはいけないことになってしまうのです。

マンション売却の場面で、重要になってくるのがその査定です。査定には大きく分けて2種類あります。 1つが簡易査定です。簡易査定は、おおよその金額を出したい場合に使います。この査定方法は、インターネットを利用して、その住宅の条件や面積等を打ち込むことでできます。査定方法はそれらの条件に加え、過去の売却価格も参考にするのです。 これに対して、さらに詳しい設定を調べる場合は実査定を行うことが必要です。実査定をする場合は、実際に不動産会社の人に来てもらい、現物の住宅を見て査定してもらいます。 その場合は、インターネットの査定でわからなかったその住宅の日当や汚れや劣化個所までわかるため、より具体的な数字を出すことが可能になります。