早めに相談する|住みたい物件は不動産屋が探してくれる|物件売買を円滑に行なう会社
男の人

住みたい物件は不動産屋が探してくれる|物件売買を円滑に行なう会社

早めに相談する

集合住宅

任意売却の歴史と今後について予測

任意売却は、もともとはバブル崩壊やリーマンショックなどの不況の影響で、大量の住宅ローン不良債権をかかえた金融機関を支援するための政策の一環として行なわれはじめた制度です。任意売却は、住宅ローンを払えなくなった債務者にとってメリットの大きい制度ですが、もともとは、債権者である金融機関を支援するための制度なのです。日本では、借金をして払えなくなっても、それは払えないほどの借金をした債務者の自己責任という考え方が強いですから、これは納得できます。今後もしばらくは不況が続きそうなので、不良債権をかかえた金融機関を支援する必要性は強そうです。それに任意売却は、債権者にとっても債務者にとってもメリットの大きい制度ですから、取りやめにする理由はないでしょう。今後も任意売却は一般的な解決方法として利用されることと予測できます。

メリットと気をつける点

任意売却のメリットは、物件が市場価格と変わらない額で売れることです。競売に出されると、5割〜7割の価格で売られ、最終的には8割、9割の価格で売れることが多いそうです。他にも、近所に知られずに売却できる、引越し代などが捻出できるなどのメリットもあります。 ただし気をつける点として、任意売却は1ヶ月〜3ヶ月ほどの期間がかかりますから、早めに専門家などに相談しなければなりません。相談が遅れると、時間切れになり競売入札が開始されてしまうこともあります。早めに相談を行なえば、できることも増えます。例えば、家族間売買や親族間売買を行なうと、売却後もその家に住み続けることができます。これは理解のある投資家に家を購入してもらうことでも実現できる場合があります。